第19回国際交流委員会を行いました

平成28年2月7日(日)の第19回国際交流委員会では,各国担当ごとで検討した歓迎レセプションの企画について協議しました。今回から,案の提案の仕方として,その案の「ねらい」は何か,考えた「根拠」「理由」は何か,実施するのに「必要なもの」は何か,などを明確にすることとしました。会議の効率化につながるものと考えています。

また,総合開会式第二部の構成について,総合開会式委員と話し合いをしました。国際交流委員会として第二部の交流テーマをどうするか,についても協議しました。
“Union of the youth” “All different,All good” “It’s a small world”などがでました。
今後,国際交流事業を企画していくときの合言葉にもなります。
111 222 333