県教育長へひろしま総文の報告を行いました

平成28年8月17日(火)業務別生徒実行委員会の代表生徒8名が,下﨑教育長へ活動報告を行いました。
委員長や副委員長として大会の企画運営に関わり,どんな思いを持ち,どう感じながら活動したか,経験を今後どのように活かしていきたいかを報告しました。
生徒は,「たくさんの人に支えてもらった」「他の人を信頼し,仕事を任せて分担することの大切さを学んだ」「リーダーシップをとり,皆で協力し合うことを学校でも行いたい」「海外の情報をインターネットで得たが,実際に交流することで文化の違いをより理解できた」「生徒は別々の道に進むが,今後も応援し合いながら交流を続けたい」等と述べました。
教育長からは,「とても良い大会だった。各部門も好評で,素晴らしかったとの声を聞いている。苦労を重ねたと思うが,それを見せなかった。今後,社会に出て行き,多様な意見を交わす際,対話を重ね,まとめる力がこれからは必要。経験を活かしていってほしい。」と言葉をいただきました。
また,総文PRに大活躍だった,もみおんの今後について,「広島県の公式マスコットに就任させたい」という生徒実行委員の意見を教育長へ伝えました。
asd
asd1

URLはこちら⇒http://www.hiroshima-soubun.jp/student/wp-content/uploads/2016/09/bd39236debcd195ba2c404b0e8ba4cfc1.pdf